看護師の転職時期について悩み相談

Q:看護師の転職するベストなタイミングっていつですか? 「こんな時こそ転職するべき」というタイミングはありますか?


A:極論を言えば「転職したい」と思った時がそのタイミングです。とはいえ転職のタイミングもいくつか分けて考える事が出来ます。

 

現在の職場に対する不満がある時

「給与が低い」「休みが少ない」「職場の人間関係が悪い」「残業が多い」……誰でも職場に対する不満がひとつふたつはあるでしょうが、少なくとも2つ以上の不満を抱えているようなら「転職のタイミング」と考えてもいいのではないでしょうか。あるいは年収、休日数といったものが自分の価値観の中で非常に大きい意味を持っている場合には(家族を養っているのでとにかく稼ぐのが大切、自分の趣味の時間を大切にしたいなど)たとえ1つだけでも「自分の大切な人生」に対するマイナスの影響が大きいので転職を考えるべきと言えるでしょう。

 

将来のキャリアについて考え出した時

看護学校を卒業し入職して3年目ぐらいが多くのナースが「これからの看護師としてのキャリア」を見つめ直す時期と言われています。看護師は1年目をすぎると「ほぼ独り立ち」した状態と認められ、3年目になると後輩の指導を任せれたりするようになるからでしょう。

 

現場の経験をある程度積んだところで看護学校の卒業時とはまた違って視点から「看護師のキャリア」を考えるようになる事も多いはずです。「スペシャリストになりたい」「管理職をめざす」「助産師の資格を取りたい」「介護の現場に行きたい」具体的なキャリアの目標を見据えて、それに合わせたスキルアップができる転職を考えるタイミングです。思い立ったらすぐに行動!まずは看護のお仕事のキャリアコンサルタントに無料で相談してみることをお勧めします。

 

ライフスタイルに大きな変化があった時

女性の場合は特に「結婚」と「出産」がライフスタイルの大きな変化と言えるでしょう。結婚による転居などで「転職せざるを得ない」事もあるでしょうし、子育てをしながら看護師として働き続けるとすればそれまでとはかなり雇用に対する条件も違ってきます。他にも親の介護や家庭の事情などから働き方を変えていく必要がある場合もあるでしょう。

 

いずれにしても、転職をする事で「不満を解消できる」「将来に向けて目標を達成することができる」「ライフスタイルに合った働き方をする」つまり、より自分にマッチした働き方を手に入れられます。転職は「今より充実した時間」をめざす列車に乗るための一枚のキップと言えるのかもしれませんね。

 

 

看護のお仕事詳細はこちら

 

 

 

▲ページ先頭へ戻る

メニュー
求人例
体験談
Q&A